はじめまして、ファザーリングジャパン九州では現在のところ、唯一の鹿児島在住となります平田翔一です。

まずは、自己紹介から。

1990年5月22日産まれの26歳。魚釣り関係の仕事を主にしています。

家庭は、4歳の息子と二人暮らしのいわゆるシングルファザーです。

 

かつての自称「イクメン」からの変貌

一人になる前は、子供と二人っきりで出掛けたりすることもあり、自称「イクメン」でした。

ただ、実際は仕事人間で日をまたぐことも珍しくなく、たまの休日以外は家庭そっちのけで、家事には一切手を出さない日々でした。

途中でその辺りを反省し、樋口理事が以前にも書かれた「部下ヂカラ」でアクションをして職場環境の改善のために動き、会社員だけだと長時間労働に陥りやすくなるため、復業家として再出発。

紆余曲折あってシングルとなった今は、家事全般はもちろん、平日にある保育園のイベントにも時間を調整して顔を出すまでになりました。

最近では、キャラ弁を作ったり、鹿児島に出来た父親のコミュニティである「かごんまパパサークル」の副代表を勤める様になるなど、自分でも驚く変貌ぶりです。(笑)

 

タイムスリップできたら…

はっきり言って、シングルになってからはじめて気付いたことが沢山あります。

以前は息子のためにもタイムスリップ出来たらなと思っていたこともありました。

ですがそうなると、また周りが見えなくなると思うので、今は身の丈話しからの経験談ではありますが、悪い意味でのシングル家庭が増えない様に、見えてきたものを発信できればと思っております。

続きは、次回以降のコラムで。

(執筆:平田翔一)