突然ですが、
「動物園で出来る地域貢献」についてお話させていただきます。

って言われても、
動物ネタが切れた訳ではありません(笑
何気に4年間通い続けているせいか、
この場でお話したいことは沢山ありますが、
敢えて「動物園で出来る地域貢献」
というテーマで、今回お話させていただきます。
ご了承ください。

えー、企業含め、
一般の方々が福岡市動物園に貢献できることは二通りあります。

【その壱】
動物サポーター制度

画像挿入①
平成16年度より実施されている、園内の動物たちのエサ代を支援していただくという
園の運営に大変欠かせない制度を行っております。

個人→1口1,000円~(1口以上何口でも可)
企業、団体→50口50,000円~(50口以上何口でも可)
上記金額で常時募集中とのこと。

特典として、
①登録証(年間パスポート)の発行!
②動物サポーター限定のイベントに参加!
③動植物園だよりの配布!
④園内掲示板に企業、団体名の掲示!(注1)
⑤園内パンフレット、ホームページに企業、団体名の記載!
というのがあります。
過去のコラムでもお話しましたが、
小森夫妻も動物サポーターの一員です。

画像挿入②
毎年デザインが更新されていて、私が持っている登録証は、
オランウータンの「ユキちゃん」と
シロテテナガザルの「アイちゃん」が写ってるモノです。
個人的にお気に入りの登録証です(笑

今年度のデザインは昨年産まれたコツメカワウソの四兄弟。
可愛いですよ♪

登録期間は登録日から1年間。
年3~4回以上行かれる方は、動物サポーターへの登録をオススメします。
受付は動物園入り口の案内所です!
お待ちしてます(笑

【その弐】
ふくおか!応援寄付(福岡市の「ふるさと納税」)

画像挿入③
なんと!今話題の「ふるさと納税」で、
動物たちのエサ代を支援することが出来るんですよ!
皆さんご存知でした?

この制度をご存じないでない方々の為に、
「ふるさと納税」とは何ですか?という簡単なご説明をさせてもらいます。

ふるさと納税→任意の地方自治体に寄付することにより、寄付した額のほぼ全額が税額控除される日本国内の個人住民税の制度。
ただし一定の制限や制度がある。「ふるさと寄付金」とも呼ばれる。
(Wikipedia内「ふるさと納税」より抜粋)

寄付する金額、寄付する方の住民税額に応じて住民税が軽減され、
納付する地方自治体事に、もれなく「特典」がもらえるトコロもあります。

福岡市は、「ふくおか!応援寄付」という名称で寄付金を募集しております。
寄付金は、1,000円から納めることが出来ます。

1,000円(最少額が)ですよ!
地方自治体に納める寄付金って、大変高額なイメージがあると思われがち(私もそうでした)ですが、
1,000円(最少額)で地域(動物園)に貢献出来るんですよ!

この制度を利用することによって動物園に貢献出来る事を知ったのは去年でした。
「なるほどー!」
と、私は迷わず、福岡市(福岡市動物園)に寄付することを始めました。

では、福岡市のふるさと納税「ふくおか!応援寄付」という制度はどういうものなのか?
納税することで得られるメリットはなんなのか!
一人でも多くの方々に、「ふるさと納税」の良さを少しでも知ってもらえるよう、
その辺に関してのご説明を次回コラムで紹介させていただきます。

つづく。
執筆:小森茂弘/ZOOパパ