前編では福岡市動物園の『動物サポータ制度』について書かせていただきました。
物 De 子育て – 1,000円から始められる地域貢献(前編)
今回(後編)は、福岡市で募っている『ふるさと納税』を簡単に。

福岡市のふるさと納税=『ふくおか応援寄付』
という名称で呼ばれています。

その、ふくおか応援寄付とは?

“福岡市では、皆様からの寄付を活用してまちづくりを行っています。

福岡市が好き。
福岡市を応援したい。
福岡市を活気のある街にしたい。

そんなあなたの想いが、寄付を通じて形になります。”

というコンセプトで、市民の方々から寄付を募っている今日です。

001

福岡市市役所及び各区役所に、このようなパンフレットが置いてあります。
このパンフレットに『ふくおか応援寄付』の詳細から申し込みまでが記載されています。

 

002

手順①
福岡市の寄付金は、複数の寄付先が選択出来ます。
福岡城跡の復元整備として使われたり、こども病院の為に使われたりなど、寄付者に決定権が与えられます。
私は迷わず動物園(記号(い))を選びましたが。

手順②
寄付先及び寄付金に応じて記念品が貰えます。
福岡市は寄付額10,000円以上の寄付者に地元の特産品等を進呈しています。
ここには記載されていませんが、動物園(記号(い))を選択された寄付者には、年間パスポートの登録証を進呈しています。

昨年25,000円寄付した私は、唐泊恵比寿かき(記号(A))を選び、美味しくいただきました♪

 

003

手順③
福岡市は、寄付者の氏名、住所を公開しております。公開の可否の選択が出来ます。
私は公開していますので、探したら見つかるはずです。

手順④
寄付方法(支払い方法)の選択です。
郵便局、銀行窓口での支払い、最寄のコンビニでも支払い(上限5万円)が出来ます。
それともう一つ、クレジットカードでも支払い(ネット決済)が出来るようになりました。
窓口は『Yahoo!公金支払い』だそうです。

いやー、本当に便利になりました。

手順⑤は①~④の確認なので省略します。

 

004

手順⑥
一番重要なポイントです!
寄付金は、所得税、住民税の控除が受けられます。
寄付者の所得、寄付した金額にもよりますので一定額の控除ではありませんが、寄付金のほとんどが控除されるケースも!
税金等のお問い合わせは、最寄の税務署までお問い合わせを!

といった流れなんですが、もっと詳しく知りたい方は、
福岡市役所ホームページの『ふくおか応援寄付』でご確認を。

さて、私は今年度も福岡市に寄付しました。
もちろん“動物園(記号(い))”を選択。

 

005

某月某日、クレジット決済で納付した私の元に、福岡市役所から封書が届きました。

 

006

封書の中には『寄付金受領証明書』が入っていました。
確定申告に必要な大事な書類です。

 

007

1,000円以上の寄付なので、福岡市動物園から年間パスポートの登録証が。
コツメカワウソの四兄弟がなんとも可愛い今年度の登録証。
やったー!

と思ったら、現状持ってる登録証…有効期限来年の1月…orz

後は、記念品が届くのを待って(食べて)、年度末の確定申告を済ませるだけ!
唐泊恵比寿かき(記号(A))、待ってるよー!

てな感じです。
ご理解頂けました?

『ふるさと納税』は全国の各地方自治体で募っています。
興味のある方は“ふるさと納税”で検索してみてください。驚きの連続ですよ(笑

 

執筆:小森茂弘/ZOOパパ