前川です、どうもー!

前回、こんなコラムを書かせていただきました。

ダンスバカだった僕が親バカになり、保険の営業になって伝えたいこと(前川直)

 

この中で、

②家族を本当に大事にする一番のコツは、イクメンになることではなくコミュニケーションを取ること

などと偉そうに書いておりましたが、今回はこのことについてです。

 

「コミュニケーションが大事とか知ってるよ!」というお声を頂きそうですが、

僕自身は、

「知ってるよ。周りの考えはどうせこんなもんだろう。コミュニケーションは取らなくても、分かるよそんくらい」

その程度に思ってしまっている、控えめに言って傲慢な人間でした。

 

妻に喜んでもらうための育休取得

妻のお腹に子どもが出来たことが分かったとき、僕が思ったのは、

  • 妻はつわりとかできつそうだけど自分は何ともない…実感がないまま良いパパになれるのか?
  • マタニティブルーとか聞いたことあるし、それで離婚とかめっちゃ嫌だな…
  • お互いの両親のことを考えると、子どもは妻一人で面倒見るのか…絶対大変そう
  • 育休取ったら、正当な理由で仕事を休める(笑)

なーんてことを思っていました。

色々と考えていたのですが、要は「育休という制度は存在していて「男性は取ってはダメ」なんて決まりはないし、妻も喜んでくれそうだ」と判断し、取得に向けて動き始めたのです。

ただし、妻への相談もなく。

 

職場で上司に相談した時は、そんなことをする男性職員は初めてだったらしく、「余計な仕事を増やすなよ」と相当に嫌がられましたが、最後は上役の理解もあり、何とか育休の取得が見えてきていました。

これで妻も喜んでくれる!

 

きっと妻からは、

「一人じゃ大変だと思ってたし、家族関係は始めが肝心だと思ってた。育休取ってくれてありがとう」と言ってくれるのではないか?

そんなことを期待しながら、妻に「育休が取れそうだ」ということを報告しました。

 

….しかし意外にも、妻はものすごく不服そうに、

「え、何で?」

という反応でした。

 

良かれと思っていたことだったのに…

僕は正直混乱しました。

あれ?良いことをしたよな、俺?妻は喜ぶんじゃないのか?何が不服なんだ?そもそも何で良かれと思ったのに、そんな顔をされなきゃいけないんだ?

そう思いながら「お前のためだと思って」という話をしたところ、返ってきた言葉は、

「私はそんなこと望んでない。一人でも頑張れる。それより、お金は大丈夫なの?あなたが働いて稼いでくれた方が、私はよっぽどうれしい。正直、生活できるか不安で、とても苦しい」

 

僕が良かれと思ってやったことが、結果として妻を苦しめることになっていたのです。

妻は、ちゃんと事前に相談してほしかったし、お金が心配だと分かってほしかったし、僕がどういう気持ちなのかということを知りたかったんです。

このときから、「そうか、コミュニケーションってちゃんと取らないと、望まない結果を生むことがあるんだ」と思うようになりました。

 

ちなみに上に書いていた、妻が身ごもったときに僕が感じたことは、最近になって妻に話したら「そんな風に考えてたなんて知らなかった」と言われました。

ホント、言わないと伝わらないし、聞かないと分からないものです。

 

話しにくいことこそきちんと向き合って

良くある話で、夫婦というものは、家という会社を共同で経営するようなものだ、と言います。

何かをするときに、その大小にかかわらず、いちいちコミュニケーションを取って、お互いの考えを理解しながら仕事を進めていかないと、何かあったときに「何だそりゃ!」となることがあるのは、会社で考えればわかりやすいかと思います。

 

気を付けていても、慣れてしまえばしまうほど、付き合い始めた頃の気遣いはどこへやら…となることがあると思います。(油断すると僕は本当にそうです)

当たり前なんですが、最愛の人間に対してこそ特に意識して、出来るだけ意思を確認し合って、家という会社の経営が傾かないようにしていきたいところですね。

(執筆:前川 直