夫婦同時育休をとって感じたこと《メリット④》(中島宏昭)

こんにちは、ファザーリングジャパン九州の中島宏昭です。

このコラムでは私が、1年間夫婦同時に育休を取得した経験から感じたメリット・デメリットについて紹介します。

私が育休をとって感じたメリットは、

  • 育児、家事のスキルアップ
  • 家族で過ごす時間
  • やたらほめられる
  • 仕事から離れる経験
  • 達成感

です。

一方、育休をとって感じたデメリットは、

  • 収入減
  • 夫婦喧嘩
  • 仕事のブランク

です。

今回は《メリット④》について紹介します。

 

《メリット④》仕事から離れる経験

今回の育休は私の人生で初めて、仕事から解放された期間でした。

そんな私が仕事から離れたことでできた経験は、

  • 少しの時間でも子どものことを見てくれる人がいると、とてもありがたい
  • 平日の昼間には街に男性があまりいないことに気づく
  • たまに同世代の男性と遭遇しても、仕事の話題がない状態では雑談がおぼつかない
  • 先に復帰したパートナーを見送り、社会との接点が欲しくなる
  • 同じような経験をしている人の話を聞きたくなる
  • 時間があっという間に過ぎていき、気づけば夕方、育児をしているだけで1日が終わる
  • 「長く休んでたら仕事行きたくないでしょう?」と聞かれることが多いけど、自分では早く仕事復帰したいと感じる

エピソード①

近所の子育てサロンに行くと、利用者はママばかり。

ママ同士の会話が聞こえてくると、「うちのパパは仕事が遅くまであって帰ってこない」「土日も子どもを見てくれない」といった話題。

言いたいことはあるものの、会話に入る勇気が持てず・・・

男性と出会って会話を試みると、「お子さん何歳ですか」「どのあたりに住んでるんですか」程度で話が終わり、沈黙・・・

自分のコミュニケーション力のなさを痛感しました。

エピソード②

仕事から離れているのに、図書館で仕事術系の本を借りまくる。

夫婦同時育休をとって感じたこと《メリット④》(中島宏昭)

読んだ本の内容をパワポにまとめる。

夫婦同時育休をとって感じたこと《メリット④》(中島宏昭)

なんとなく仕事した気分になる。

エピソード③

FJQに参加するようになり、自分と同じような子育て中のパパたちとつながる。

毎日の記録を簡単にでも残しておくこと、子どもの反抗期への向き合い方、夫婦円満のためにしていること、PTAや地域活動の魅力などなど、

たくさんのことを教えてもらい、仕事以外の仲間がいることの嬉しさと心強さを感じました。

夫婦同時育休をとって感じたこと《メリット④》(中島宏昭)(写真:昨年参加したFJQ主催の父子キャンプ

仕事から離れたおかげで、多くの気づきがあり、多くの出会いがあり、人として大きく成長できたと思います。

仕事以外の部分で自分には何があるのか、何ができるのか、何をしたいのかを考えるようになりました。

そして仕事への意欲も高まりました。

 

次回はメリット⑤について紹介したいと思います。

(執筆:中島宏昭