「仕事が忙しいから学校行事なんか行けないですよ。」
「家の事は妻に任せているんで。僕はがっつり仕事でお金稼いできます」

仕事を言い訳として日常の家事や子供の育児を疎かにはしていませんか。

ここで質問です。

あなたは子供の学校の友達の名前を何人知っていますか?

外で1人で歩いていて子供の友達がわかりますか?

はい、私はわかります。
同じクラスの46名のクラスメイトのうち8割は顔と名前、お母さん若しくはお父さんの顔がわかります。

何故かって??
答えは「毎朝子供と幼稚園へ同伴出勤」しているからです。

現在3歳の年少男子と家から幼稚園まで歩いて約10分。
最初は正直億劫な時もありましたが今ではとても貴重な10分間です
他愛のない会話から現在の息子の状況や幼稚園での様子をうかがう事ができます。

「今日は幼稚園でなんするとかいなねぇ?」

「今日はね、○○くんと遊ぶよ。一緒にね、バンバーンってやるんだぁ。
今日は○○ちゃん、幼稚園くるかなぁ~~??」

「あ~、○○ちゃんは昨日休んでたんだぁ。今日はこれたらいいねぇ。」
「うん、今日は来ると思うよ。運動会の練習あるからねぇ~」

これで息子の現在の交友関係、並びに今日の幼稚園での予定がなんとなくわかりますよね。

幼稚園に着くと
いつも同じ時間に登園する顔馴染みの園児とそのパパ、ママに会います。

パパ、ママさんからは息子からは聞き取りできなかった幼稚園のイベントや最近の幼稚園の様子(インフルエンザが流行っているなど)を聞くこともできます。

そして同伴出勤最大のメリット!

幼稚園の先生と毎日顔をあわせることができる!

家での息子の様子を話したり、集団生活の中での様子などを聞くことができるのは
この朝の引き渡しの時間の特権です。

いやいや決して若くて綺麗な幼稚園の先生と話したいってことではありませんから。

同伴出勤お薦めです。

さぁ、今日も朝から同伴出勤にいってきます!

執筆:関谷剛