朝ランから始まった好循環(高橋建二)

 こんにちは高橋です。

久しぶりの投稿になりましたが、今日は親子で朝ランの話です。

朝ランをすることで朝早く娘と一緒に起き、夜も一緒の時間に寝ることになりました。

それにより、親子間のコミュニケーション向上、家庭が好循環へ突入!

週末の朝は一緒に走ろう!

もともと仕事柄、朝は早起きの私と、特に週末はやることないので起きるのが遅い娘。

週末は休みだからと、いつまでもダラダラしている娘に対してイライラしている妻がいました。これは変えねばならないのかと、考えるが良い案思い浮かばず。

そんな思いが数ヶ月続いたある日、娘は運動会を控えており、そこで上位入賞を狙いたいということで朝一緒にランニングすることに。

以前から休みの朝は数キロランニングする私がいたので、そこに娘がジョインすることになりました。

家族が好循環に

そんなスタートでしたが、ここで「おっ」と思いました。親子でコミュニケーションとれる時間が増えたと。

朝は走るために早起きしなければいけないので、必然的に夜は早く布団に入る私と娘。

そして、朝も一緒に走るので親子一緒にいる時間も増える。さらに、朝も早く娘が起きるため、朝の用意がスムーズに進み、ごきげんな妻がいた。

 

朝ラン、これはいいぞ!!

朝走るのは気持ち良いのはもちろん、季節の変化を肌で感じたり出来ますし、朝しか見ることの出来ない景色は贅沢だと思います。

1日をスタートさせるのにも、充実した1日のためにも、そして家庭の好循環のためにも「朝ラン」オススメです!

(執筆:高橋 建二