お金を使えば何でも手に入る。
お金がなければ時間を掛ける。
こんなことを当然だと言う人もいますが、本当にそうでしょうか?
お金があれば出来ることが増えるのは事実です。
でも賢いお金の使い方は、お金×時間の相乗効果で、
それは多くの人を笑顔に出来ると私は信じています。

例えば、2歳の子どもと週末にお出掛けをしようと考えた時、
何を基準に場所や楽しみ方を決めますか?
私はお金を使うとき、自分や周りの人がどれだけ笑顔になれるかという基準で考えます。
これには「お金」 × 「時間」の総合力で勝負します。

我が家の男の子たちは乗り物が大好きです。
それを知っているから事前調査をし、無駄なお金は使わずに
でも息子と妻の笑顔を最大限に生み出すことに成功したことがあります。

お肉のディスカウントストアの無料巡回バスが我が家の近くに停車するので
長男と一緒にこのバスでお買い物にいきました。

写真U BUS

するとバスのおじさんが、チューリップ祭りが開催されていて、
そこへも巡回バスが出ていることを教えてくれました。
そこで買い物をして、チューリップ祭りへ。
たくさんのチューリップに長男は大興奮♪
歩はバスにたくさん乗れて、チューリップ祭りも楽しめて、
帰り着いたらあっという間に寝てしまいました。

写真U CHULIP

お茶代100円で長男、歩は大喜びでした。
妻もゆっくりと時間を過ごせました。
反省点は水筒を持参しなかったこと。
あなたが本当に必要だと思っていたレジャー費の金額は本当に必要ですか?
そんなことより家族が今好きなことや、考えていることを大事にすることで
週末の過ごし方とお金の使い方が随分変わると思います。
笑顔の管理を目的にすると、本当に必要なお金と時間が見えてきます。
執筆:内木場豊/家計簿パパ