ふるさと納税は、自分の故郷に納税するものではありません。

自分が好きな市町村に「寄付」をする仕組みです。

では、どういう基準で「好きな」市町村を選ぶのでしょうか。

「寄付」をすることで、多くて3つのメリットがあります。

その内容で決めたら良いのです。

1.特産品

2.体験

3.使い道

1.と2.は寄付をすることで、減税があるため、実質2,000円の負担で
特産品がもらえたり、体験をさせてもらえたりするのです。

夏休みにふるさと納税を利用するなら、まずは親子で楽しめる
体験を見て楽しそうなところに行ってみてはいかがですか?

静岡県西伊豆町では、体験ダイビングができます。
透明度の高い海で美しい魚たちを観られます。

10565996_10204394846459226_477658519_n

滋賀県草津市ではペアグラスづくり体験もできます。

子どもが料理に興味を持ち始めたら、大分県豊後高田市で
親子で蕎麦打ち体験はいかがですか?

10565725_10204394846499227_595732839_n


親子で楽しみながらそばを作り、地元の蕎麦を堪能できると思います。

「体験」を楽しんだ地域には愛着がわくことでしょう。
そんな時はその地域の特産品を楽しむのもいいでしょう。

大分豊後高田市で作って食べた蕎麦がおいしかったなあ

なんて親子で夏の終わりに思ったら、豊後高田市のふるさと納税の
サイトを見て特産品を楽しみましょう。

http://www.city.bungotakada.oita.jp/page/page_01707.html
楽しんだ蕎麦もありますが、
豊後牛までお取り寄せグルメができちゃいます。
10566598_10204394849939313_292408032_n


多くの自治体が特産品を用意していますので、
旅行には遠くていけないけど、あれ食べてみたい!
なんて理由で寄附をするのも楽しみ方のひとつですね!

夏バテ防止においしいものを食べましょう!

最後に3.の使い道ですが、これは自治体にあなたが寄附をした
お金の使い道を選べる自治体があります。

例えば、夏休みに行った自然体験がとても素敵なところだった、
あの自然がずっときれいなまま残したいと思ったら、その自治体の
寄附金の使い道から「自然保護」の項目を選択するといいのです。

他には伝統文化を守る項目や、子育て支援の項目などもありますので、
自治体にどんなことにもっとお金を使って欲しいか、
子どもたちと遺書に考えるのも楽しいですよ。

是非ふるさと納税を活用して夏の思い出を3倍増にしましょう!

※ふるさと納税の詳細が知りたい方はこちらをご参照ください。
http://uchikobank.com/?p=672

執筆:内木場豊/家計簿パパ