初めまして!4歳の娘と1歳9か月になる息子のパパ、吉田勇です。あごヒゲがトレードマークのヒゲパパ35歳です。よろしくお願いします♪

さて、我が家でのパパと子どものコミュニケーションUPツール『パパクイズ』を紹介したいと思います。
仕事が忙しくて、どうしても帰る時間が遅くなってしまったり朝早く出たりすることもあり、子ども達と関わる時間が取れずに悲しい時も多々あります。
そんな時!ママが『パパポスト』を作ってくれて子どもとパパの手紙のやり取りが始まりました。疲れて仕事から帰ってくるとお手紙が入っていると疲れも吹き飛びます♪

yoshidaletter

 

 

 

 

 

 

 

 

お姉ちゃんは今、幼稚園の年中さん。平仮名の理解も進んできて手紙のやり取り楽しんでるけど、「文章を書く」のはまだまだ難しいんですよね。
そこで、パパからの手紙の返信が書きやすいように【クイズ形式】に変えました。

 

☆よい点☆

・短い文章でやり取りしやすい。
・どれくらい文字や絵がかけるようになってきているか等、今の子どもの成長が見える。
・書けるようになった文字、興味のある文字で答えることができるように工夫しやすい。
・「パパがいない時間はどんなことをして何が好きなのか」をママに教えてもらい、クイズに取り入れる。(夫婦のコミュニケーションUP、子どもへの共感・理解、)
・パパとママはいつでも見てくれている、関わろうとしてくれているという安心感→自己肯定感につながる。
・学習への意欲向上

yoshidabook

 

 

 

 

 

そして手紙からBOOK形式へ
100円ショップで買った白紙のノートを活用してみました。

 

☆よい点☆

・継続的な関わりが見えやすい。休みの日は一緒にパパクイズで遊べる。
・ページが少しずつ増えていくワクワク感がある。(パパも子どもも)
・答え合わせと、そこに一言メッセージを添えることで子どもが達成感を得られる。
・世界にひとつだけのクイズBOOK!
・子どもの成長に合わせて活用できそうだから、文章力がついてくれば交換日記に移行できるのかな。(パパの希望)

 

コツとしてはきれいに作る!可愛くする!とかは考えなくて、簡単にできることが一番かなと。まあ、私に絵心もセンスもないからですが・・・。でも、でも、パパってそんなもんでしょう?(笑)
家族の笑顔が増えること、楽しいことが一番ですよね♪

家族との時間をできるだけ作りたくて、朝活したり残業は1時間以内と決めて、ワークライフバランスを意識していますが、まだまだ難しい時もあります・・・。
仕事も家族もどちらも大切だから『時間』や『質』を上手く工夫する努力をして、子どもの成長、発達に合わせてパパ、ママの関わり方も変えていくこともまた大切ですね。
常に『今』の子ども達にいつも目を向けること。そこから自分に合ったパパの育児参加術を考えています。パパは育児の脇役じゃないですよね♪家族一人一人が主人公!

 

執筆:ヒゲパパ/吉田 勇