冒頭の三名の話を踏まえて、ここからは参加者同士のグループワークです。


 

パパに何ができるか?パパに何をしてほしいか?

 
まずは、男女別のグループで「ママの働きたいを阻害する要因」を洗い出し、解決策を探ります。
 
 


 
 
男性側は
・パパに何ができるか?

女性側は
・パパに何をしてほしいか?

をキーワードに出し合った意見は、
夫婦のコミュニケーション・相互理解に関すること
職場で必要なタイムマネジメントや優先順位付け
会社への働きかけ
両親を巻き込むこと
など、
重なること、ギャップがあるものが浮き彫りになりました。


 
 


  
 
 

どうすれば叶えられるのか?

 
パパ・ママそれぞれの意見が出たところで、グループを男女混合に再編成。
 
今度は、男女別の意見があった上で
実際に「どうすれば叶えられるのか?」がディスカッションのテーマです。

どのグループも、男女別とはまた違った活発な意見が飛び交っていました。


 
 


 
 

フォーラム提言

 
そして、
各グループから発表された意見をもとに
 


 
 
「夫婦の会話の時間を増やす」

「早く帰る!意識とイメージアップ」

「企業経営者の意識改革」

を当フォーラムの提言としてまとめました。

やはり、ベースにあるのは夫婦間の意識共有です。
どのような家庭を築きたいのかをしっかり話し合い、そのためにできることをひとつずつ実践する。

職場でも気持ちを伝えて、自分自身で早く帰る努力とそのための仕事の進め方に取組む。

そしてそれには、経営者の意識改革も必要ですし、実施することが好循環を生み出すというイメージアップも欠かせません。
 
 
田辺県議からは、
「今回出た意見を県知事に届けられるよう動きながら、引き続き、しっかりと取り組んでいきます」
と心強い言葉をいただいています。
 

最後は、参加者全員で記念撮影! 

 
 
今回のこの意見をまとめたところがゴールではなく、ここからがスタートです。
 
FJQでも継続的に取組んでいきます!
 
 
<< その1

>> その3に続く