父子キャンプ中に起きた出来事を報告します。
 
 
 
 
夜23:00
 
キャンプファイヤーを終え、
 
みんなテントに滑り込むように
 
眠りについた。
 
  
ここはまさに、山の中の原野。
 
3張のテント以外には何もない。
 
 
  
 
周囲は真っ暗。

唯一、ガス圧の弱くなったランタンの弱い光だけが
 
周囲の暗闇をうすく照らしている。
 
 
風が辺りに吹き出した
 
夜中の丑三つ時、
 
 
 
とても怖かった・・
 
 
 
いきなり、
 
宮原パパが連れてきた犬が
 
「ウ~~・・」と低い声で唸りだした・・
 
 
『テントの付近に何かがいる!!』
 
 
さらに
 
「ウウウウ~・・・」
 
とだんだん大きくなり・・
 
 
そして、
聞いたこともないような獣の声が
 
 
「ギャーキーーー!!」

それに犬がおびえたような声で
 
「ワン!!」
 
 
それぞれの声が次第に大きくなり、
 
 
同じテントにいたアンディパパも身動きひとつせず、
 
目だけが開いていた。
 
 
 
 
そのとき!!

 
 

 
 
 

  

 
 

 
 

 
「ウルセーーー!!」 
  
宮原パパの一喝!!

 
 
 
辺りはまた夜の静寂に包まれた・・・・

 
 
 
以上、報告でした。