絵本オヤジです。
 
このところTVCMでよく耳にする「イマドキ家族」。
 
「家族はこうあるべき」とか「フツーこうだよね」とか。
そんな常識や体裁にとらわれず、新しいライフスタイルを次々と作り出す。
そんな20代~30代を中心とした新しい家族たちのことを指すそうです。
(by イマドキ家族研究所)
 

 

 
 
「~これってアリ?」
 
わたしの考えでは、時代が変わり価値観も多様化しているため、
人によって解釈や定義もバラバラまたは曖昧なのでアリもナシもないと思います。
そもそも何をもってアリなのかナシなのか、これさえもう~ん、よくわかりません。
 
イマドキ家族研究所によれば、イマドキ家族の特徴は、
「フラット」「ポジティブ」「コンパクト」の3つのキーワードでいい表すことができるといいます。
互いに尊重しあいながら、厳しい時代を賢く、
自分たちの「気持ちいい」や「楽しい」を大切に毎日を暮らしていく。
 
 
あー、確かに確かに。
 
たとえばクルマを購入するにしても、
クルマというモノの所有すること自体への幸福感、満足感よりも
クルマを所有する先にある幸福(例:でっかいサンルーフ付のミニバンでに乗って、
家族で休日に阿蘇へドライブに、夜は満点の星空を見に行きたい)を得るための
手段として購入していることになります。
 
 
それにしてもイマドキ家族のパパの中には、
育児を積極的に楽しむパパの割合が多いような気がするなあ。