2日間に渡り開催された
ファザーリング全国フォーラムin九州
 
三回目を迎える本事業が九州で行われるということで
FJQも実行委員長、また代表の小津が副委員長を務めさせていただきました。
 
またFJと共催で1日目の分科会7「あなたの想いが社会を変える!ミッション•ブランディング講座」、
また2日目は分科会9「九州パパのイクメントークライブ!」と2つの分科会をひらかせて頂きました。
 
 
分科会7ではパパ料理研究家の滝村雅春さんを招いて
料理経験のほとんどないところからパパ料理といえば滝村さん!といわれるまでになったセルフブランディングの極意を学びました。
 

 
 
また分科会9では九州各県から現在育児真っ最中のパパ達に集まってもらい
コーディネーターの小崎泰弘さんにパパの本音、苦悩を引き出してもらい会場は笑いの連続でした。
 

 
登壇者の九州パパたちと練り上げた提言は
 
『ママへの感謝をもって
 九州男児のバージョンアップ』

 
です。
 
僕たちの親世代とは、家族との関わり方にギャップがあるのが浮き彫りになりました。
そして共通して感じているのはママへの感謝。 
 
バージョンアップした新世代の九州男児を、僕らの世代から作り上げていきたいと思います。

 
共に満席に近い方々に参加頂き、アンケートからも非常に満足度の高い分科会となりました。
 
 
他の分科会も両日ともにたくさんの方々に参加して頂き大成功に終わり
過去二回の全国フォーラムを経験した方からも「今年が1番よかった!」と言う声も頂きました。
 
 
男性の育児参加を促すには
ただ育児を男性もやりなさい!ということだけでは解決しない
複雑な問題がいくつも重なりあっていると思います。
 
ワークライフバランス、
男性の育児休暇の取得、
更にダイバーシティ、
女性の社会進出促進、
男女共同参画、
イクジイ
など
様々な諸問題がすべてつながっている気がします。
 
私達は「笑っている父親になろう!」というミッションの元に
父親の育児参加促進というのを発信しながら
様々な諸問題に対してもアプローチしていきたいと思います。
 
 
新しい男性の働き方、ライフスタイルを一緒に九州から広めていきましょう!
 
 
ファザーリング・ジャパン九州代表副理事
関谷 剛
 
>>代表小津コメント