以前、ブログで紹介した「眠れる逸材を発掘セヨ!『パブー作家発掘プロジェクト』」ですが、その受賞作が発表されたようです。

大賞を受賞したのは、実在する「ニコニコ商店街」をモデルにした、昔ながらの温かい人々の交流が描かれたソ・ミジ氏の「ニコニコしょうてんがい」。あったかい感じの絵本ですね。
 

ちなみに審査員にはビストロパパこと滝村さんも入っています。

今回の絵本コンテストの全応募作品は、パブーの公式サイトでみることができます。