11月19日、NTT西日本さんで開催された「ワークライフ・バランス推進カフェ」に参加しました。
 

 
 
 
↓ 参加された@sunao_fさんから御礼ツイートをいただきました。
 

fjqpapa: 今日はNTT西日本さんで、【ワークライフバランス】をテーマとしたディスカッションにファザーリング・ジャパン九州がパネラーとして参加します!(8:49am, Nov 19)
  
sunao_f: @fjqpapa 交流会、ためになるお話を有り難うございました!参加者全員感激してました。今後、社員の横ネットワークを強化し、会社でも家庭でもよい関係作りが出来るよう取組みを続けます!ホント楽しかった!今後とも宜しくお願いします♪またタマコ・デラックスに会いに来て下さい!(9:03am, Nov 20)
 
fjqpapa :@sunao_f こちらこそありがとうございました!われわれもとても楽しい時間でした。今日は宮崎のイベントで基調講演、明日は県立図書館で講演+絵本ライブです。これからも笑っている父親を増やしていく活動を続けていきます。はい、タマコ・デラックス、会いに行きます!(11:04am, Nov 20)

 
 
↓ ワールド・カフェについて。NTT西日本さんは2008年から導入されているようですね。
  

ワールド・カフェとは、“カフェ”にいるようなリラックスした雰囲気のなか、参加者が少人数に分かれたテーブルで自由に対話を行い、ときどき他のテーブルとメンバーをシャッフルしながら話し合いを発展させていくこと。相互理解を深め、集合知を創出していく組織開発の手法です。その考え方や方法論は世界中に普及し、ビジネスや市民活動、まちづくり、教育などさまざまな分野で活用が進められています。
 
国内でも、戦略会議やプロジェクトのキックオフミーティングなどに活用している企業は珍しくありません。NTT西日本では、2008年にワーク・ライフ・バランス推進の一環として、ワールド・カフェ形式の社員対話会を支店や子会社ごとに行い、社員の意識向上に大きな成果を上げました。またパナソニック電工では、コスト削減を先導する各部門・事業所のリーダーが施策事例や手法を学び合う交流会にワールド・カフェを導入。新しいアイデアの共有やリーダー自身のモチベーションアップへとつなげています。(日本の人事部より)