森島です。

先日、息子たち(小6、小3)が入っているソフトボールチームのコーチに就任しました。

僕自身も野球をしていて、学童野球のコーチをやりたいとずっと思っていたのもありますが、一番は子どもたちと同じ目標に向かって頑張りたいと思ったから。

 

最近は、先輩パパたちから言われていた「子育ては期間限定」をひしひしと感じています。

親の力を貸すこともかなり減ってきていますし、僕よりも友だちと遊ぶ方が圧倒的に多く、親としては寂しい限り。(その分、自分の時間は増えているので、それはそれで嬉しいことなのですが。笑)

 

すでに地域では、PTA役員や子ども会、おやじの会などに参画していて、正直大変なことも多いのですが、新しい経験ができたり、新しい人とつながることで人生が豊かになっていくのを実感しています。

これからは、ますます子どもと直接関わる時間は減ってくると思います。

その分、密度を上げた親子のコミュニケーションを取っていきたいと思います。

(執筆:森島孝