今回は、パパの秘めたる能力を開花させて活用しようというお話です。
 
女性と男性をみた時に、
比較的男性の方が「空間把握能力が高い」ということが言われています。
 
その昔、狩猟民族だった頃、
男性には
『狩りに行って獲物をしとめ家に持ち帰る』
という役割がありました。
今のように道路はなく、地図はなく、
もちろんインターネットなんてありません。
 
 
そんな中で野原を駆け回り、最終的に家まで帰るという目的を達成するために、
空間を把握する能力が磨かれたというわけです。
もちろん個人差は大いにあるので決め付けてしまわないことは重要ですが。
 
 
で、
この能力を活かせる場所が身近なところに潜んでるのです。
 
それはどこかというと、外出先でのトイレの場所
 

 
小さい子どもは、「トイレに行きたくなったら教えてね」と言っていても、
なかなか直前にならないと言いだしません。
家にいる時ならすぐ行けば済む話も、外出先ではそう簡単にはいかないことがあります。
 
ショッピングモールに行った時など、
なんでもう少し早く言わないんだ!と思ってしまう場面に出くわしてしまいますよね。
 
 
そこで、このトイレの場所に空間把握能力を活かすのです。
店内の見取り図があればすぐ分かるのでまずは場所を確認!
 
辿り着いてみたらすでに満員状態なのもよくある話なので、
同じフロア内に2箇所以上、別のフロアでもう1箇所のトイレを見つけておと安心です。
 
 
行くべき場所を知っていると、いざその時がきたら
どのルートを通ってどこのトイレを目指せば一番早くたどりつけるか
ということを瞬時に判断できる!
パパの腕の見せ所です。
 
 
人間の能力は、
意識して磨き続ければ年を重ねても衰えにくいというのを
脳科学の分野でも言われています。
 
 
子連れで出かける時のトイレは悩みの種になりがちですが、
ぜひ自分の能力を磨いて快適なお出かけを楽しみましょう!
 
執筆:吉村伊織