初めまして。ファザーリングジャパン九州の中島宏昭です。

今回初めてのコラムなので、まずは簡単に自己紹介を。

妻・長女(3歳)・長男(0歳)の4人家族で、今年1月の長男誕生を機に私も1年間の育児休業を取得し、現在は夫婦同時育休生活を送っています。

どうぞよろしくお願いします。

 

今回は、私が育休生活の中でよく利用している施設「福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール(以下、アンパンマンミュージアム)」について紹介します。

長女がとても気に入っていて保育園が休みの土日になるたびに「行きたい!」と訴えられ、月に2回ほどのペースで長女と2人で訪れています。
私がアンパンマンミュージアムをお勧めするポイントをまとめました。

いきつけ!アンパンマン

その1「スタッフがやさしい」

スタッフの方たちがとても親切でたくさんいます。例えば滑り台では登り口と滑り始め、滑り終わりの3か所にスタッフの方がいてくれるため、親は一緒に昇り降りする必要がなくとても楽できます。

また、ショーで踊っているお姉さんたちがキャラクターと一緒にふれあいに来てくれます。長女はショーで踊るお姉さんに憧れており、キャラクターそっちのけで喜んでいます。

その2「遊び場所がたくさん」

施設の中には滑り台、ボールプール、砂場などの遊び場や紙芝居、人形劇、工作教室、ダンスショー、キャラクターとのふれあいタイムなどがあり無料で楽しめます。グッズや飲食物は有料販売されていますが、我が家ではお弁当を持参してます。

いきつけ!アンパンマン

その3「トイレが魅力的」

施設の中にトイレが複数あります。どこのトイレにもアンパンマンたちキャラクターのイラストがあり、子ども用の小さいサイズがある場所もあります。普段はトイレを嫌がる長女もイラストがあることでスムーズに連れていくことができます。

その4「雨でもOK」

博多リバレインモールの中にあり、地下鉄「中洲川端駅」と直結しています。そのため天候に左右されることなく利用することができます。館内にはベビーカーの持ち込みができないので、入場口で預ける必要があります。

その5「年間パスポートがお得」

入場料は1,500円(税込)です。1歳以上からこの金額です。さすがに毎回この金額は痛いです。

しかし昨年から年間パスポート「きんしゃいパス」が枚数限定で発売されています。価格は3,500円(税込)です。購入するには入場の必要があるためその日の入場料1,500円が別途必要です。

合計5,000円になりますが、私はこの1年弱で20回くらい利用しているので十分に元が取れていると思っています。今年の販売は11月1日から限定10,000枚が発売されます。

その6「撮影に規制なし」

施設の中は写真、ビデオ撮影に規制がないのでキャラクターとのふれあいやダンスショーの様子など撮影できます。

いろんなキャラクターが出てきてくれるので、たくさん写真が撮れます。長女はばいきんまんのことが苦手なようで決して近づきません。

また、入場してすぐの場所で来館記念写真の撮影サービスがあり、館内の写真館から無料でプレゼントしてもらえます(大きいサイズは有料です)。

nakashima-a001-03

その7「誕生日イベント」

毎日「おたんじょうかい」が開催されていて、アンパンマンにお祝いしてもらえます。

誕生月の子どもはインフォメーションで申し込むと王冠がもらえ、施設内のショップで様々なサービス(料理の増量や記念品プレゼントなど)をしてもらえます。

そして「おたんじょうかい」に参加するとアンパンマンとの記念写真を撮ることができます。なお、申し込みに証明書は不要です。

その8「季節のイベント」

季節によってスタンプラリーが行われたり、ダンスショーや工作の内容が変わったりします。そのため何度も新鮮な気持ちで楽しむことができます。

今年から10月3日が「アンパンマンの日」になり(1988年10月3日に「それいけ!アンパンマン」の放送が開始されたため)、その日はクラシックコンサートも開かれました。

いきつけ!アンパンマン
(写真:アンパンマンミュージアムHPより)

 

===

アンパンマンミュージアムでは、アンパンマンたちキャラクターとたくさんふれあうことができ、体も動かすことができるので3歳くらいまでの子ども連れでのおでかけにオススメです。

このようなパパと子どもだけでもおでかけできるスポットをたくさん見つければ、子どもとの素敵な思い出が増えることはもちろん、ママの負担も軽減され、きっと家庭円満にもつながるはずです!

みんなで父親であることを楽しみましょう!

執筆:中島 宏昭