こんにちは、中島宏昭です。

私は第2子の誕生から約1年間の育休を夫婦同時にとりました。

(その時に感じたことなどは以前「FJQコラム」に書いていますので、興味のある方は読んでください)

 

その後お互いに仕事復帰をしていましたが、ありがたいことに第3子を授かることができました。

そこでタイトルにもあるように、2回目の夫婦同時育休をとることにしました。

 

2回目の育休をとる際に嬉しかったことがあります。

それは、第3子の妊娠を職場の上司に相談したとき、「育休、どれくらいとる?」と私が育休をとる前提で話してくれたことです。

私が前回の育休をとった後、私以外の男性職員も育休をとっていて、職場内で男性の育休が当たり前になりつつあるのです。

 

今回、私の2回目の育休に協力してくれている職場のメンバーには感謝してもしきれません。

「復帰してからの働きで恩返ししたい」という気持ちで、仕事へのモチベーションも高くなっています。

 

そんなこんなでスタートした2回目の夫婦同時育休生活。

「父親であることを楽しもう!」をモットーに走り抜けたいと思います!

 

以上、決意表明でした。

(執筆:中島宏昭